総括として

customer satisfaction最後にこうして振り返ってみると、やはり当然ではあるが顧客満足度を最優先しなければ商売は成り立たない。自分本位で物事を組み立てる姿勢を完全に否定するのは間違いではあるが、消費されてこその利益である。多少時間は掛かっても懇切丁寧な商品説明を始め、鮮明な商品画像を提供する。
極端な話ではあるが、これだけで一定水準の購買意欲を獲得することは決して不可能なことではない。
いわゆる表現としての言語能力、惹句の使い方も重要だ。顧客の手元に届いた商品が確実なものであるように最大限に努力をする。初めに損をしても後で信用を勝ち取れるのであれば安いものである。
屈指のアイテム数と他を凌駕する圧倒的な値段で勝負している当該サイトは、あと少しで補完されるといえよう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *